BLゲーム


「君の中のパラディアーム」
ベルノワール

善と悪の神が作った世界とその神の話。
オレは悪神w
すぐ「うぜぇ」とか「殺すぞ」とか言う粗野なキャラ。
でも以外と無いんだよな?、こういうキャラ。
だから正式にオファーもらったときは嬉しかったね?。

--------------------------------------------------------------------------------

「紅色天井艶妖綺憚」
嘉祥

自身初であろう江戸時代を模したような時代背景の作品。
コレ出たかったんだよな〜。
実は某イベントでスタッフの一人と出会い熱く語らった結果、忘れたころにマジで出演依頼が来たという非常に思い出深い作品。
メインキャラではないものの、設定を読んでみて「あ、コレはオレかも」と納得したキャラw
とにかくサムライ言葉というか、言い回しがやってみたかった。ま、さすがに「〜ござる」はないけどw
言葉の前後に深い配慮があるんだな〜。そこをちゃんとせねばとがんばった。
今後の展開に期待大!

--------------------------------------------------------------------------------

「比翼は愛薊の彼方に〜連理の夢」
郭隗

これはシリーズとしては3作目となる大作で、連続して郭隗役をいただいた。
今作ではあまり出番がないが、その分少ないセリフを力いっぱい演らせてもらった。
回を追うごとにOPムービーに磨きがかかってくるので「カントク、 がんばって〜」と言ったら「今回はね、今回はね・・・」と熱く製作秘話を語っていただいた、そういう熱い方だ。

--------------------------------------------------------------------------------

「比翼は愛薊の彼方へ〜未了の因〜」
郭隗

BLではあるが、時代もの。
三国志よりも古い時代の逃避行をする主従関係を描いたもの。 と、ここまでは分かるのだが、台本をもらって驚愕。 漢字が読めないw
とゆうか、読み方が複数存在してどれが正解か分からないのである。
古代中国だからどうとでも読み方があるのだろうと思ったからだ。
仕方ないので現場で脚本担当者とセッションするところから仕事が始まったw
オレは主従の従(攻めw)だから、かける言葉が難しい。 何度も舌を噛みそうになってNGを出してしまいスタッフに迷惑をかけたw

--------------------------------------------------------------------------------

「比翼は愛薊の彼方へ〜久遠の想〜」
郭隗

発売後の打ち上げの席でもうすでに決定していた前作「未了の因」の続編。
もう・・・分かっていた・・だからブチまけたw
打ち上げの席で「漢字が読みにくいの」「ふりがなが欲しいの」「読みやすい間隔が欲しいの」など・・・失礼を通 り越して嫌味にしか聞こえない内容をブチまけたw
上がって来た台本は見事に修正されていたからさぁ〜大変。 これでしくじったらオレのせい?w
とにかくがんばった。
お陰さまで売れたらしく、前作のリピート客(売上)も徐々に上がっているとか・・・・・・ふぅ〜良かったw

--------------------------------------------------------------------------------

「咎狗の血」
源泉(もとみ)

もうずいぶん有名になってしまった・・と思うBLゲーム。
源泉(げんせん)と書いてモトミと読む。はじめは読めんかったw
声優やってると源泉徴収とか、普通に生活の中で出てくる単語で馴染みが深いもんだから「これってギャグ物?」とまで思ってしまったw
内容はまるでソレからは遠くw非常に濃いモノとなってる。 源泉は主人公の良き理解者兼ナニ考えてるか分からん要注意人物w
自分を「おっちゃん」呼ばわりしてはばからない。 自身初となる中年役である。

--------------------------------------------------------------------------------

「冤罪」

冤罪によって投獄された主人公の陵辱モノ。当時、主人公を女性が演るとゆーところで賛否両論分かれた

--------------------------------------------------------------------------------

「birdie」
椿恭一

とゆーアイドルユニット・バーディと同じ事務所に所属するダンサー役。
...なんだが、そのバーディのマネージャーの元恋人で、近寄るキャラたちを逆 に手篭めにするとゆーとんでもないヤツ。
主人公たちよりもセリフ量が多くて大変だった

--------------------------------------------------------------------------------

「カフェリンドバーグ」

喫茶店を舞台にイケメンたちの恋愛を描く。後にbirdieとのカップリングファンディスクとしても発売された

--------------------------------------------------------------------------------

「L(エル)したいね」

収録の最後に『エルしたいね』って収録させてくださいと言われた時には、なんか恥ずかしかった

--------------------------------------------------------------------------------

「薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク」

不治の病に侵され、自殺願望の強くなった学校教師・月村幹彦が主人公を道連れにするかどーかとゆー、かなり難しい内容となっている が、時代設定が昭和初期頃でセリフもそれに合わせてかなり創り込まれていた。
実は本作品のファンが非常に多く、今だに一つ名作を挙げよとゆわれるとコレを指すそーだ

--------------------------------------------------------------------------------

「星界宝烈伝」
塁(ルイ)

ケッコーなキャスティングで、またケッコー売れたらしいBL作品。
収録当時、かなりのワード数があったにもかかわらず、異常なまでの速さで収録 を完了してしまったことでスタッフを驚かせたことを覚えている。
2004年度にはファンディスクの制作も企画されているそーな、楽しみ

--------------------------------------------------------------------------------

「Take Off」
相模シロー

いつも明るく、生徒に人気のある貧乏教師だが、夜の顔はってーとヤリ手の高級ホスト。う〜ん、いーねー


アニメ ドラマCD ラジオ ナレーション&CM OVA 18禁OVA ゲーム BLゲーム 乙女ゲーム PCゲーム 映画予告