アニメ


「あたしんち」
お茶入れのプロ

時々・・・忘れた頃に仕事が入る番組がある。
コレがそうだった。
元々、お父さん役でオーディションを受けたんだが見事落選。
レギュラーではなかったが楽しく演れたと思う。

--------------------------------------------------------------------------------

「吸血姫美夕」
神魔・倣如

第6話に出演。1997年あたりらしいw
デビューして大して年数経っとらんのにこんな大タイトルに出させてもらって感謝。

--------------------------------------------------------------------------------

「怪談レストラン」
妖精父

2009年から放送されていたが、正直、事務所から連絡なかったらマジで知ることはなかったw
妖精役ということで喜び勇んで行ったらヒゲ面のオッサンだった。
ショックのあまり思いっきり演ったらその後に別キャラでまたオファーが来た。
その時は人間の役だったので、ま?結果オーライ?

--------------------------------------------------------------------------------

「下級生2?瞳の中の少女たち」
高大寺助清

有名メーカーエルフ原作の恋愛アダルトゲームのアニメ版。
2004年アニメ化。
格闘家で、主人公のライバル的存在・・・のハズだったが、なぜかギャグ担当になっていたのは・・・やはりオレのせい?w

--------------------------------------------------------------------------------

「君が主で執事が俺で」
刺客

奥さんのひと美が上杉美鳩役で出演中に競演。
実はアニメで競演するのは数年に一度あるかないかである。

--------------------------------------------------------------------------------

「クレヨンしんちゃん」

これも時々忘れた頃にいただいている仕事。
チョイ役ばかりで名前もまともにない回もある。
しかし腐ってなんかいられないのが本作。
しんちゃんの周りのレギュラー陣以外は皆チョイ役なのだ。
「え?」という大物声優がチョイ役だったりもする。
学生への「ワキ役でも手を抜くな」の講義はここから来ていると言っても過言ではない。

--------------------------------------------------------------------------------

「ご姉弟物語」

これもまたチョイ役が多いw
主人公の二人以外は年配者ばかりで、おのずと担当声優も大御所が多い。
緊張する現場である。
唯一の癒しは弟役・小林さんのセリフ「おねいちゃん」であるw

--------------------------------------------------------------------------------

「こてんこてんこ」
タコボム

事務所が全面的にキャスト権を取っていた作品。
出番がほとんど無かったのが悔やまれる。

--------------------------------------------------------------------------------

「金色のガッシュベル」

用心棒役で出演。
ゴメン、忘れてる。

--------------------------------------------------------------------------------

「シャンプー王子」
スポンじぃ

珍しくパイロット版アニメから参加させてもらった作品。
パイロットアニメってのはいわゆるスポンサー企業様向け告知・宣伝用短編アニメのこと。
これが気に入らなければ本格始動は無い。
ゆえにその時の出演者はドキドキものw
「アニメ化されるかな?」「キャストはまんまかな?」などなど。

--------------------------------------------------------------------------------

「逮捕しちゃうぞ」
ガスマスク男

名前が欲しいw
この収録時、確かガスマスクの雰囲気を出さんがため、紙コップを口に当てた。
ナウシカのマスク装着時収録を思わせる。

--------------------------------------------------------------------------------

「ダンスインザヴァンパイアバンド」
西条崇

環望センセ原作のアニメ化。
ヴァンパイアが現在の日本社会に公然と一国を建設するという壮大なストーリー。
オレは主人公と幼き(容姿の・・)女王ミラ・ツェペッシュが通う学校の副生徒会長・・・・なんだがな?、久しぶりの高校生役にいかにファンを騙くらかすかに神経を集中した。
しかし、いかんせん歳をとり過ぎたか?
ムリがある・・・上手く出来ない。

お?

成田剣さんではないか!
なんですと・・・あなたも高校生役だって?
同志よ!

--------------------------------------------------------------------------------

「超魔神英雄伝ワタル」
ドリーム

ゴメン、完全に忘れてるw
しかし、龍神丸が主人公に召喚され「おーーーーー!!」と雄叫びを上げるシーンで
テスト時に「おーーー・・やまさこはお父ちゃんが好き?!」と言ったことだけは鮮明に覚えているw
さすが玄○さん、大好きだ!!

--------------------------------------------------------------------------------

「忍たま乱太郎」

これもいろいろと演ってる。
ドクタケ忍者、ドクササコ忍者、村人、役人、タライ・マワ師、切羽拓郎など・・。

--------------------------------------------------------------------------------

「爆裂天使」
ジェイ

確か・・・中ボス的なヤツ・・・だったようなw

--------------------------------------------------------------------------------

「カオスヘッド」
判安二

ゲームからアニメになった作品。
毎回どういう展開になるんだろうと楽しみにしながら収録スタジオに向かっていた。
ゲームの世界観は分かってても、それを十数話で表現しようとしたらドコかで無理をしなきゃならないし、変更点も出て来るでしょ?

--------------------------------------------------------------------------------

「瀬戸の花嫁」
剣士長

なんかそこそこ人気があるアニメらしいw
出番は3回ほどのみ、それも後半と最後だけw
名前がないんだが、原作ではかなり重要なキャラらしい。
なんせ出演者たちが異様に仲が良いのでびっくりした作品。
その中に入れて貰って非常に楽しかったことを覚えてる。

--------------------------------------------------------------------------------

「ゲゲゲの鬼太郎」#20
蛭田

高山み○みさん演じる鬼太郎新シリーズの第20話にゲスト出演。
フリーライターの役どころで妖怪の存在を信じておらず、そればかりか金儲けのためにいい加減なネタを元に妖怪スポットなるものを設定し、あらぬ 凶悪妖怪を引き出してしまうイケナイ男w
この時、2体の新妖怪が出て来るのだが、「え!」っとゆーような方々がそれらをアテていらっしゃった。
それも「うぉぉぉ〜」とか「うわぁぁ〜ん」とかのみ!
言葉がないキャラである。
それでも渾身の演技をなさっていた、脱帽ものである。

--------------------------------------------------------------------------------

「ラブコン」
校長

ラブリーコンプレックスの略らしいw
関西でのお話で、もちろん全員関西人の設定。オレも神戸出身だし、オーディションを受けたかったが、名指しで仕事をもらった。
なぜか年老いた校長の役w それもおバカなヒロインが居眠りこいてる間に喋る全体集会時の訓辞をする役どころ。
なにせ居眠りしてるシーンの間中ずっと喋らにゃならんってんで与えられたセリフ量 では足りなかった。
仕方なくアドリブで繋いでみたが・・・オレは一条和矢である・・・真面 目なアドリブなんてするハズもなく、オンエアに使われるかどうかも分からないのを良いことに好き勝手な話をし始めたw
・・・しかし・・・それ以降、校長のシーンがあるといゆうことでスタジオに出向くとなぜか皆、ナニかを期待する目、目、目。
オレはナニかマズイことをしでかしちまったのか?w

--------------------------------------------------------------------------------

「魔法少女リリカル☆なのは」


元々18禁ゲームのアニメ化。
なのはは超端役だったのだが、なぜか人気があったようで、番外編の企画モノとして魔法少女としてPVまで制作したほど。
それが晴れて正式にアニメ化になった。
オレはなのはの父親役。
元ゲーではSPのお仕事をしてて故人だったw

--------------------------------------------------------------------------------

「魔法少女リリカルなのはA’s」
ザフィーラ

前作が人気出たので続編制作w
高町士郎と平行していただいた新キャラ。
悲劇の主のため、悪いと知りながらも悪行を重ねていく従者ヴォルケンリッターの一員。
主が次第に弱っていく最中、涙をこらえてなのはたちと戦う姿は収録時、皆感動した。
しかしオレはってぇ〜と・・狼・・。
共演者からは犬に間違われて即座にツッコミ、訂正させたW

--------------------------------------------------------------------------------

「魔法少女リリカルなのはStrikerS」
ザフィーラ

第3期シリーズとなる人気作品。
なのはたちもいい歳になってw、教官の大任を担っていたw
基本はその教義を受ける新米隊員たちの話。 てなもんだからオレらヴォルケンリッターは出番薄w
オレに至っては犬形態のまま最終回を迎えた。 寡黙さに更に磨きがかかっていたw
一度くらいはヒューマンタイプで戦闘したかったな。

--------------------------------------------------------------------------------

「冒険王ビィト」
ブルーザム、門

ビィトの兄ゼノン戦士団の怪力野郎ブルーザム。
3話あたりまで出演してたはず。
まぁビィトの旅立つきっかけまでのツナギだな。
ああ終わりだと思ったらキャスティングマネージャーから「門の役もあるから」と言われ、意気揚々としていたらホンマに門だった。
各村々に門があって、門に顔がついてやんの、しかももちろんのことながら喋りやんの!「RAVE」で似たようなキャラがいたが・・・。
とにかくビィトが旅をしていろんな村に行かないと門の出番がないときたもんだ。

--------------------------------------------------------------------------------

「冒険王ビィト・エクセリオン」
ハング

前作につづく続編の位置づけながら、原作から少し離れた外伝的なストーリー構成。オレは門役と平行していただいた新キャラ。
魔人(ヴァンデル)のハングとゆうキャラは実は強いらしいのだが、食い意地がはってて頭も弱め・・・・他の魔人たちがかっこいいのであえてモッチャリとした芝居をした。
するとテストの時、そこかしこからクスクスと笑い声。
う〜ん・・・なぜ?

--------------------------------------------------------------------------------

「パッタポッタモン太」
モンド、村長

最近珍しい完全オリジナル作品。全26話。
メインキャストで唯一の常識人。決して敵を作らない、聖人のようなキャラ。当初はオレの中でキャラ作りに非常に苦心したのを覚えている。
今までになかったキャラなので、他のキャストのことも考えて作った。
後に村長役をもらうが、こいつが元映画俳優とゆう設定で、コスプレしないとその役になれないとゆう変な人。
すべて各役において芝居を変えた。
辛かった・・周囲の爆笑をいかに最小限に食い止め、収録をするかを!

--------------------------------------------------------------------------------

「史上最強の弟子ケンイチ」
大門寺、辻新之助

週間少年サンデー連載漫画のアニメ化作品。
ほぼ原作に忠実に制作されていて好感が持てる。
大門寺は主人公に修行をさせるきっかけとなる大事な役で、辻は後の好敵手。
大門寺は筋肉をひけらかすいけすかないヤツで、辻は部下の人数をひけらかすいけすかないヤツ・・・・・ん?オレって?

--------------------------------------------------------------------------------

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」
トダカ一佐

自身初のガンダム出演作品。
第1話で両親を目の前で失った主人公を優しく助け、後に世話をもしてやる良い人。
しかし軍人として指揮官として壮絶な死を迎えるのだが、止めを刺してくれたのが主人公とゆう救いようの無いかわいそうな方。
当初「士官役」でいただき、名前もなかったがとにかくガンダムに出演出来るとゆうだけで舞い上がっていた。
例え端役でも全力で体当たりをしたと思う。
後に、十数話目で急遽トダカ役として話が舞い込んでくる。
第1話の「士官」がそうだったらしい・・とゆうのがスタッフの末端まで行き渡っていなかったらしく、嬉しい・・とゆうかギリギリセーフの緊急出演だった。 ヘタをすると他の役者が演っていたのかも・・と、実はその方向で配役されていた役者がスタジオにいたりしていた。危なかった。セーフ!

--------------------------------------------------------------------------------

「地獄少女」
第2話のやられキャラ(名前忘れた、すまん)

現代版必殺仕事人的なものだが、現代の社会問題を痛烈に表現していてなかなか考えさせられる作品。
被害者の呪いが成就されたら即時犯人は拷問の末に地獄ゆき、決めセリフは「いっぺん死んでみる?」・・・とこわい設定。
後半のそのシーンでは大いに絶叫した。

--------------------------------------------------------------------------------

「To Heart」
藤田浩之/主役

今まで出演したアニメの中で最も女性キャストが多い作品(男性声優は全部で僕を入れてたったの3名!)
藤田浩之というキャラは、ねむけ眼で出来るキャラだったので、最も演りやすかった。
後に「十兵衛ちゃん」等で共演していく堀江由衣さんとはこの作品が初共演。とにかく細かく息芝居をいれることに注意を払った。

--------------------------------------------------------------------------------

「To Heart remember my memories」
藤田浩之

前作から数年、13話形式で復活!
ゲームでの世界を色濃く受け継いだつくりになっている。
前作と同じキャストでの出演は「やぁ久しぶり!」で始まる。
しかし、20歳も若く演じねばならぬこの辛さ、某長寿番組で演ってらっしゃる先輩声優はスゴイと思う。

--------------------------------------------------------------------------------

「獣戦士ガルキーバ」
グレイファス

グレイファスは桃太郎モチーフの犬(オオカミ)設定のキャラ。
犬は口パクがでかくてあわせるのが大変だった。
声優として初めて大舞台にたった現場だったが、共演者に賢プロの役者が 多数いたので、少しリラックスして演じることもできた。

--------------------------------------------------------------------------------
「明日のナージャ」
ゲオルグ団長

東映アニメーションのオーディション会場で、ゲオルグの台詞をみた際に、酒を飲んだくれているような大男というキャライメージから、「これは事務所の先輩の内海賢二のイメージで演じよう」と取り組み、見事役をゲット。
ナージャ役の小清水亜美さんはナイスキャラな現役高校生だったw

--------------------------------------------------------------------------------

「セクシーコマンドー外伝すごいよマサルさん」
マチャ彦

TBSワンダフルという深夜番組内の当時珍しかったコーナーアニメとして放送。
デビュー当時、二枚目路線で売り出されていたオレ(いやマジで)
これは初めて演った三枚目ギャグキャラ。
体当たりで演ったが、関西人のせいか辛くはなかった、いやむしろ楽しかった。
しかし事務所の対応が一変し、三枚目路線の一条和矢としてのイメージが強く出てしまい、なかなか二枚目キャラが来なくなった。
良いのか悪いのかw

--------------------------------------------------------------------------------

「星界の紋章」
カヒュール

知る人ぞ知る有名小説をアニメ化した作品。
メインキャストの参謀を勤める宇宙人の 役は総じて喜怒哀楽のない淡々とした設定だったので、故塩沢兼人さんのイメージで 演じた

--------------------------------------------------------------------------------

「GEAR戦士 電童」
グルメイ、メテオ、草薙圭介

主人公のパパから敵キャラ、果ては主人公側のメインコンピュータまで・・・と一人5役を貰った。
確かそんな理由から全話出演してたと思う。
どこかにオレの声があるハズw
当時、大人の事情で1年制作が半年制作に変更になり、悲しい思いをした。

--------------------------------------------------------------------------------

「おじゃる丸」
アオベエ、パパ、本田先生、牛

もう言わずと知れたNHK代表アニメ作品。(NHKの人がそう言ってたんだから引用する!w)

実は、元々はオーディション時、牛で受けてた。
大地カントクからも「うん、君は牛!」と言われて嬉しかったのを覚えてる。
その後、第1話収録間際になって事務所から「アオベエというキャラもお願いします」との連絡を受けてスタジオへ。

いっぱい喋ってんじゃん!

というのが第一印象w
牛のつもりだったのに、アオベエが大活躍。
それからあれよあれよと気づいてみればカズマのパパ「マコトさん」、カズマの担任教師「本田一直」、町内会のジジ「サムじいさん」の5役を貰って現在に至る。
頼むからオレのキャラ同士を会話させるなってんだ!w

2010年現在、第13期シリーズを制作中。
あと20年はやるぞw
--------------------------------------------------------------------------------

「くろみちゃん」
針生誠一郎

こちらも大地監督の作品。
アニメ制作の現場のお話で、一つの制作会社で完全独自制作というという実験的な作品ながら、評判を呼び次回作も制作決定。
アニメ制作の業 界関係者は直視出来ない程、かゆいところに手の届いた作品になっていた。

--------------------------------------------------------------------------------

「RAVE」
ケツプリ団のアニキ

TVアニメ。
ケツプリ団という、ケツの大きさが顔の2倍ある最低最悪のギャグメーカーキャラを演じた。
ケツはかくわ、屁をこくわで、俺が演るととにかくオゲレツな内容になって、真面 目に演れば演る程、共演声優を大爆笑させたものである。
マガジン連載漫画。

--------------------------------------------------------------------------------

「デ・ジ・キャラット」
店長

「デジキャラット」では店長役。
「〜にょ」ではラビアンローズのパパ役。
役者が20人位入り乱れるドタバタコメディー。
画ができていないながらほぼテスト無しで勢いで収録する現場なので、かなりアニメ慣れしていないと難易度の高い現場。
デジコとプチコは10代の頃から共演しているが、だんだん上手くなっていく娘の成長の過程を横でみていく親の様な思いだった

--------------------------------------------------------------------------------

「十兵衛ちゃん2」
津村天領

2004年から始まった前作の続編。
ここでは準レギュラーで出演しているが、おじゃる丸で馴染みの大地カントク作品。
ディレクターも同じだ。
そんなもんだから こっちの得意とする芝居もとっくに承知されているワケで、正直やりづらい。
笑いがとり難...あ、いや、そんなことばっかり考えてるワケではない。
あ、内容ね。本作品では『津村天領』通称ミックと呼ばれている役....何でそー呼ばれてんだろー?
で、そいつが十兵衛に敗北して改心するんだけど、ミョウにハイテンションなんだよなぁ。
ま、そこも大地キャラなん だろーけど

--------------------------------------------------------------------------------

「名探偵コナン」

おなじみTVアニメ。色んなシリーズにチョイ役で出演した。
よく犯人に間違われる役を演っていたが、ある時、犯人役を演ってからは何故か出番がなくなった。

--------------------------------------------------------------------------------

「日本一の男の魂」

ヤングサンデー連載のドタバタシュールな原作をプチアニメ化したもの。
1話2〜3分の短編でとにかく色々な役を演った。

--------------------------------------------------------------------------------

「金田一少年の事件簿」
犬飼高志

3年くらい続いた長編アニメのほとんどトリの回『露西亜人形殺人事件』に出演。ここでは犬飼高志役。
少年っぽいキャラだったので、楽しんで演れた。
本作品での思い出は、絵がまったくデキてなくて、距離感がまったく掴めず、共演者に迷惑をかけてしまったコトを覚えている

--------------------------------------------------------------------------------

「人形草子あやつり左近」
佐伯勉

『廃校の復讐鬼』の回で佐伯勉役で出演。
緒方恵美サンとくまいもとこサン主演の殺人探偵モノ。
廃校に閉じ込められた面子の中で犯人に疑われ、結局真犯人に殺害されるかわいそうな役。
キーは高めに、狂気の人を演じたトコなんかは結構好きだった

--------------------------------------------------------------------------------

「激闘!クラッシュギアTURBO」
ゴッドボイス

17話から何話か出演。
ゴッドボイスとゆー超デブの司会進行役。
当時デブ役が多かったんで、またかよってなもんで、思いっくそ演ったらスタジオ でメチャうけた

--------------------------------------------------------------------------------

「週間ストーリーランド」

当時社会現象にもなった短編アニメのオムニバス番組。
第1話から何度か出演。
どんな役かはもー忘れたけど、その中で大塚周夫サンとの共演。
あるシーン でアドリブで言い合いをするんだけど、相手はこの道数十年のツワモノ。まぁ緊張したことったら

--------------------------------------------------------------------------------

「浦安鉄筋家族」
春巻龍

現在も週間少年チャンピオンで連載中のスーパーギャグ作品で、98年頃からTBSワンダフル内でアニメ化された作品。
すごいよマサルさんからのお馴染み大地作品の第2弾。
1話あたり、約数分の1話完結の短編アニメ。
当時、制作発表大記者会見をやってしまうとゆーとんでもない経験をさせてもらったことでも覚えている。
本作品では主人公の兄役で出演するハズが、春巻龍とゆーブルースリーおたくの小学校の担任の先生役での出演がほとんどだった。
こいつがまたとんでもないヤツで、虚弱体質の上に究極の遭難癖があるキャラ。
ウラ事情で、このキャラがあまりにウケた為、出演回の演出をスタッフ間で取り合いになったとか、ホントかよ

--------------------------------------------------------------------------------

「鬼神童子ZENKI」
犬神狼

ガルキーバとほぼ同時期にいただいたレギュラー作。
デビューして間もない頃の両レギュラー獲得に当時事務所の先輩俳優にイヤミを言われたのを覚えている(笑)
本作品では敵の新大将の犬神狼とゆー少年役。
出演当初、謎の敵という役柄上、正体を明かしてはならない為、出番は話の一番最後だった。
送り込んだ妖怪が倒されてもまた次回を見ておれよってなカンジに『ふふふ...』と笑い、影のシルエットを残して去ってゆく。
主人公の山口勝平サンと小杉十郎太サンに『ギャラドロボー』と言われた

--------------------------------------------------------------------------------

「SURF SIDE HIGH-SCHOOL」
三田みちる

TBSワンダフルの短編アニメ。三田みちる役。
主人公は森川智之サンの役なのだが、実は真の主人公はオレだった...らしい。
自分の中で究極のキーで、しかもハイテンションなヤツだったと思う。
とにかく当時、毛細血管が切れるのを実感できたのを覚えている。今ではもーできん!確実に死ぬ だろーから...

--------------------------------------------------------------------------------

「神世紀伝マーズ」
アクセル

六神合体ゴッドマーズの元となった原作をほぼ忠実にアニメ化した作品。
六神はここでは主人公マーズの刺客とされていた。その内の一人のアクセル役。
マーズ の乗機ガイヤーを破壊、半陽子爆発させよーと画策する。
人間のウラの汚さを最後にマーズに見せてしまう人類...と、ちょっと救いよーのないストーリー

--------------------------------------------------------------------------------

「B'T X」
鳳・ラフィーネ

大漫画家、車田正美氏の異色ロボットモノのアニメ化。
鳳・ラフィーネとゆー超美形役で出演。
故・塩沢兼人サンとオーディションを受けたのを覚えている。
自分の血・ ブラッドを受けた忠実なロボットが相棒・バディとなって敵と戦う。
コイツは軍服を嫌い、いつも神父の格好をしている別 名『死の伝道師』(笑)必殺技はフューネラルボウ。
教会の 屋根の上でセロならぬ ヴァイオリンを弾くのが趣味?
バディ役には鳳凰を形どったロボットで名はビート・ジュテーム、声優は百々麻子サン、今だにオレのことを『フォウさま』呼ばわりする...おい

--------------------------------------------------------------------------------

「アイズ」

コンビニで販売されることを前提で制作されたアニメ。原作の最終回からの、その後になっている

--------------------------------------------------------------------------------

「めだかの学校」
校長

少女漫画のアニメ化で始まったハズなんだが、なぜか公開されず、いつしかオレも忘れた頃、なんとファミリーレストランのテレビ端末にて有料放送されていた。
メルヘンっぽい田舎の学校に主人公が転入してくることから話が始まる。
転入した学校には、人間に混じって犬や猫が喋って授業を受けていたのだ。
果 ては校長は身体は人間、頭が魚!これがオレ。
ハチャメチャなストーリーで面 白かったんだがなぁ

--------------------------------------------------------------------------------

「ウッドペッカー」


新作の輸入アニメで何度か出演。
熊役で出演した時、台本には『ガオオオー、ガオ、ガオオ』としか書かれていないのに、それじゃ面白くないなと思って、日本 語で『なんだこのヤロー、オレ様の巣から出ていけー』とやったら、えらいウケた

--------------------------------------------------------------------------------

「交渉人 勇午(ユーゴ)」
シェーキン

CSキッズステーションで2004年春から放送を開始。
第2話目くらいから、シェーキン役で3話ほど出演


アニメ ドラマCD ラジオ ナレーション&CM OVA 18禁OVA ゲーム BLゲーム 乙女ゲーム PCゲーム 映画予告