■乙女ゲーム


「ロイヤルズ〜愛しの王子さま〜」
サイード・ビン・シャーシム
バトラーズ。ブラザーズに続いてなんと3作目にも出演させていただいたオレ通 称「”ズ”シリーズ」w
今回は違ったキャラをということでアウビア国というアラブ系の王子様をいただいた。
王位継承争いの毎日で心身ともに疲れたようなキャラで話し方もボソボソっとしたヤツ。これが非常に演りにくい。「・・・」が多いんだよな〜w
どう演れってんだよ。
もう台本を完璧に読み込んでいかないと自分が分からなくなるw それと感情の起伏を抑えなくちゃならないからストレスが溜まる・・・二重苦だよw
そんな気を察してかサブキャラをいただいた。ペンギンのカイザー役・・・人間になりたいw
「ギャッギャ〜」しか言わんw
ちなみにメイン出演者が社名「ティアラモ〜ド!」と言うシステムボイスがあるんだけど、カイザーの時はスタッフの強い要望により「ギャギギャ、ギャ〜ギャ!」と言わされたw

----------

「ロイヤルズ〜誘惑の王子さま」
おなじみのナイトモードだね。ここぞとばかりに熱〜く演った。
だって解禁なんだもんなw

----------

「バトラーズ〜召しませお嬢様〜」
藤盛鉄太
基本に忠実に作られてるのではなかろうか、とゆーような乙女ゲームw
基本・・とは執事萌えな方々に対して・・であるw
大企業の会長の孫娘であるとの驚愕の事実を知らされ、その人の家に行ってみればそこは大邸宅。
執事(バトラー)たちが「お嬢様」と言って身の回りの世話をしてくれる。 オレもそんな家に・・・・・・いや無理な話はよそうw
オレはって〜と関西弁を喋るお抱えシェフなんだな、これが。
とにかく他のキャラとは一線を画すもんだからそのあたりに気をつけた。
お嬢様の良き理解者として励ましたり同調したりしながら次第にお嬢様に惹かれて行く・・・・ルートもあるw
余談だが、これの発売日には他社メーカーが自分とこのゲーム発売日をズラした・・・とゆう噂があったとか? 乙女ゲー、恐るべしw

----------

「バトラーズ〜召しませお嬢様〜 ナイトモード」
本編発売日から約一か月後に発売になったメーカー内で「夜這いモード」wと呼ばれている番外編的なゲーム。
とにかく「あっさり」には満足できない真の腐女子のためのゲームw
ここではガラリとキャラ設定が変わってお嬢様に積極的になっている。
オレは関西弁で迫っていたが・・いかが?w

----------

「ブラザーズ〜恋するお兄さま〜」
影山聡史
バトラーズに続く第2弾。
今度は兄妹モノや!w 再婚相手の・・・w・・再婚相手の兄弟たちと一週間の間過ごすハメになってしまい、本人は嬉しいが、兄弟たちはお互いによからぬ 約束・・とゆーか賭けをし出したからさぁ大変ってな話w
オレはってーとその兄弟たち・・とゆーか屋敷の使用人。いわゆる執事役だな。
なのになぜにグラサン?
ちゃんと理由はあったのだ・・・う〜ん、そんな理由で?w 自身初の執事(使用人)役。
いちいち敬語で喋るから舌が回らなかった、まだまだだなオレw
その中でこれまた自身初の主題歌を熱唱w 公式に、真正主題歌はマジで初! これでゲームが売れなかったらオレのせい?w

----------

「ブラザーズ〜もっと恋するお兄さま〜 」
バトラーズから恒例のナイトモードである。
皆、相当に熱っぽく演ったみたいでスタッフは大喜びしていた。
オレは・・・演り過ぎたのか、スタジオブースから出てくるとスタッフが身悶えていらっしゃったw
オレ的には「オッケー!」であるw
----------

「PANDORA〜君の名前を僕は知る」
ジョーカー役。
公式HP見ても分かるように超美形キャラ。
スタッフの話では一番始めにジョーカーキャラ案が担当からイチ押しで挙がって来て 即OKが出たのだそうな。
そんなキャラを演れて光栄だ。
自身初のゲーム内ソングなるものがあって、その歌を担当した。
イメージ的な歌でもあるということで歌もフルではなく、Aパート部分だけを唄うこ とになった。
歌は「Love Syndrome」
これが結構お気に入りなんだがな〜、フルで歌わせてくんないかな〜?