■アニメ6


「B'T X」
鳳・ラフィーネ

大漫画家、車田正美氏の異色ロボットモノのアニメ化。
鳳・ラフィーネとゆー超美形役で出演。
故・塩沢兼人サンとオーディションを受けたのを覚えている。
自分の血・ ブラッドを受けた忠実なロボットが相棒・バディとなって敵と戦う。
コイツは軍服を嫌い、いつも神父の格好をしている別 名『死の伝道師』(笑)必殺技はフューネラルボウ。
教会の 屋根の上でセロならぬ ヴァイオリンを弾くのが趣味?
バディ役には鳳凰を形どったロボットで名はビート・ジュテーム、声優は百々麻子サン、今だにオレのことを『フォウさま』呼ばわりする...おい

----------

「アイズ」

コンビニで販売されることを前提で制作されたアニメ。原作の最終回からの、その後になっている

----------

「めだかの学校」
校長

少女漫画のアニメ化で始まったハズなんだが、なぜか公開されず、いつしかオレも忘れた頃、なんとファミリーレストランのテレビ端末にて有料放送されていた。
メルヘンっぽい田舎の学校に主人公が転入してくることから話が始まる。
転入した学校には、人間に混じって犬や猫が喋って授業を受けていたのだ。
果 ては校長は身体は人間、頭が魚!これがオレ。
ハチャメチャなストーリーで面 白かったんだがなぁ

----------

「ウッドペッカー」


新作の輸入アニメで何度か出演。
熊役で出演した時、台本には『ガオオオー、ガオ、ガオオ』としか書かれていないのに、それじゃ面白くないなと思って、日本 語で『なんだこのヤロー、オレ様の巣から出ていけー』とやったら、えらいウケた

----------

「交渉人 勇午(ユーゴ)」
シェーキン

CSキッズステーションで2004年春から放送を開始。
第2話目くらいから、シェーキン役で3話ほど出演

----------
「「咎狗の血」

言わずと知れた超人気BLゲーム「咎狗の血」のアニメ版。
オレはもちろん源泉役。
成るべくして成ったこの企画、それだけに大型イベント出演や告知やらで放送前にい ろいろと動かせていただいた。
始まってみれば・・・超大変だった。
主人公役の鳥海クンも公式に言う・・・・絵が無い。
制作会社の必死の作成にもかかわらず毎週絵が無い。
おじゃる丸では100パーセントの仕上がりでアテているので違和感有り有りw
オイチャンはアテらんないよう!
しかし周りの若手が苦もなくアテて行く・・・・・くそ、負けてられるか!
「あ、一条さん・・・そこの源泉のセリフ、あまりにもヤラし過ぎるからNGで」
NG・・・・ぐっすし。
----------

「それでも町は廻っている」

案内人役。
なんと最終回に出演。
TBSにて放送されていた・・・・よく知らないアニメw
仕方ないだろう、知らないものは知らないんだから。
それも最終回だなんて、台本貰ってからも知らんかったわw
現場で知ったんだもん。
ヒロインと思われる(知らないんだからw)コが事故で死んで、あの世で審判を受け るというコメディタッチの話。
オレはその中でヒロインを案内する案内係役・・・。
最後は死んでなかったってオチで、現世へ返してやるんだが、その時の案内役のセリ フが深い。
あとはDVDを観てくれ。
----------