■アニメ5


「名探偵コナン」

おなじみTVアニメ。色んなシリーズにチョイ役で出演した。
よく犯人に間違われる役を演っていたが、ある時、犯人役を演ってからは何故か出番がなくなった。

----------

「日本一の男の魂」

ヤングサンデー連載のドタバタシュールな原作をプチアニメ化したもの。
1話2〜3分の短編でとにかく色々な役を演った。

----------

「金田一少年の事件簿」
犬飼高志

3年くらい続いた長編アニメのほとんどトリの回『露西亜人形殺人事件』に出演。ここでは犬飼高志役。
少年っぽいキャラだったので、楽しんで演れた。
本作品での思い出は、絵がまったくデキてなくて、距離感がまったく掴めず、共演者に迷惑をかけてしまったコトを覚えている

----------

「人形草子あやつり左近」
佐伯勉

『廃校の復讐鬼』の回で佐伯勉役で出演。
緒方恵美サンとくまいもとこサン主演の殺人探偵モノ。
廃校に閉じ込められた面子の中で犯人に疑われ、結局真犯人に殺害されるかわいそうな役。
キーは高めに、狂気の人を演じたトコなんかは結構好きだった

----------

「激闘!クラッシュギアTURBO」
ゴッドボイス

17話から何話か出演。
ゴッドボイスとゆー超デブの司会進行役。
当時デブ役が多かったんで、またかよってなもんで、思いっくそ演ったらスタジオ でメチャうけた

----------

「週間ストーリーランド」

当時社会現象にもなった短編アニメのオムニバス番組。
第1話から何度か出演。
どんな役かはもー忘れたけど、その中で大塚周夫サンとの共演。
あるシーン でアドリブで言い合いをするんだけど、相手はこの道数十年のツワモノ。まぁ緊張したことったら

----------

「浦安鉄筋家族」
春巻龍

現在も週間少年チャンピオンで連載中のスーパーギャグ作品で、98年頃からTBSワンダフル内でアニメ化された作品。
すごいよマサルさんからのお馴染み大地作品の第2弾。
1話あたり、約数分の1話完結の短編アニメ。
当時、制作発表大記者会見をやってしまうとゆーとんでもない経験をさせてもらったことでも覚えている。
本作品では主人公の兄役で出演するハズが、春巻龍とゆーブルースリーおたくの小学校の担任の先生役での出演がほとんどだった。
こいつがまたとんでもないヤツで、虚弱体質の上に究極の遭難癖があるキャラ。
ウラ事情で、このキャラがあまりにウケた為、出演回の演出をスタッフ間で取り合いになったとか、ホントかよ

----------

「鬼神童子ZENKI」
犬神狼

ガルキーバとほぼ同時期にいただいたレギュラー作。
デビューして間もない頃の両レギュラー獲得に当時事務所の先輩俳優にイヤミを言われたのを覚えている(笑)
本作品では敵の新大将の犬神狼とゆー少年役。
出演当初、謎の敵という役柄上、正体を明かしてはならない為、出番は話の一番最後だった。
送り込んだ妖怪が倒されてもまた次回を見ておれよってなカンジに『ふふふ...』と笑い、影のシルエットを残して去ってゆく。
主人公の山口勝平サンと小杉十郎太サンに『ギャラドロボー』と言われた

----------

「SURF SIDE HIGH-SCHOOL」
三田みちる

TBSワンダフルの短編アニメ。三田みちる役。
主人公は森川智之サンの役なのだが、実は真の主人公はオレだった...らしい。
自分の中で究極のキーで、しかもハイテンションなヤツだったと思う。
とにかく当時、毛細血管が切れるのを実感できたのを覚えている。今ではもーできん!確実に死ぬ だろーから...

----------

「神世紀伝マーズ」
アクセル

六神合体ゴッドマーズの元となった原作をほぼ忠実にアニメ化した作品。
六神はここでは主人公マーズの刺客とされていた。その内の一人のアクセル役。
マーズ の乗機ガイヤーを破壊、半陽子爆発させよーと画策する。
人間のウラの汚さを最後にマーズに見せてしまう人類...と、ちょっと救いよーのないストーリー




 →